岡山・東京の測定アマチュア:日々の放射線量資料集


by mmwhale

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

記事ランキング

カテゴリ

測定:RD1008
測定:Radi PA-1000
測定:RDS-30
同時測定
測定:RD1706
測定:SOEKS-01M
TERRA-P
エアカウンター
Inspector EXP
関連資料
ガイガーの工夫
奇妙な現象

最新の記事

2014代々木公園周辺の測定..
at 2014-01-02 16:13
岡山市の日常生活とガンマ線(..
at 2013-06-26 23:18
Radiの方がGM管式より高..
at 2013-06-19 12:19
RDS-30測定で見た東京(..
at 2013-06-17 02:38
新幹線の中のRDS測定
at 2013-06-17 02:23

以前の記事

2014年 01月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 10月

使用しているガイガー機種

RADEX RD1008, RD1706. SOEKS-01M. 堀場 Radi PA-1000. エステー エアカウンター

検索

ライフログ




その他のジャンル

ファン

ブログジャンル

日々の出来事
時事・ニュース

画像一覧

<   2012年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

駅前の空間線量 ー岡山でよく使われている花崗岩

昨日岡山駅前に用事があったので、駅前や構内の空間線量を簡易測定してみた。
測定はRadiとSOEKSを使って行った。駅ビルの中に使われている花崗岩はRadiでもやや上がる結果となった。
※いずれも地表1mの空間線量で、10回の平均的な数値

屋外(噴水広場横)


平均的にこれくらいだった。
e0254765_14255263.jpg


赤さび色の建材、またはレンガ


近づけても50cmくらい離れても大きな反応は無い
e0254765_14284966.jpg


改札入り口


この辺までくるとかなり下がる
e0254765_14303570.jpg


白〜ピンクの花崗岩が高い


白い花崗岩をRadiで測ってみると、他の場所に比べて高いことがわかった。
e0254765_14313150.jpg


しかしこれが何花崗岩なのか種類はわからない

日本の代表的岩石


珪砂(けいさ)という砂利


また、最近興味を持っているのが"珪砂"と呼ばれる花崗岩の削りだしから造られた砂利だ。

e0254765_14383321.jpg


珪砂は花崗岩あるいは珪岩と呼ばれる岩が、雨風、あるいは振動によって細かくなり、 粒状に変化したのです。日本の山砂は今から500万年前にできたと言われています。500万年前といえば人類がやっと誕生した頃です。その母体である花崗岩はおよそ4~10億年前に生成されたものと言われています。
10億年前から、500万年前から途方もなく長い年月をかけて砂になったものが、ガラス・ビンの原料として、 
あるいは建材・鋳鋼用、濾過砂、等々形を変えて私たちの生活の多くの場で使われています。
この砂もわたしたち人間が使わなければ、何百万年、数億年という年月を重ねて堆積岩という岩になります。 
さらに長い時間を経てその岩が地殻変動で地表に露出し、風や雨に触れ砂になってゆく。岩→砂→岩→砂という循環があるの です。私たちは、その循環の一部(珪砂)を原料として借りているのです。


この様な砂利は、岡山の公園でよくみかけるのである。所謂自然に発生した珪砂とは異なり、砕いて販売されているようなものも珪砂と呼ばれている。ただ、質感としては似ているのである。
[PR]
by mmwhale | 2012-06-30 14:38 | 同時測定

建材によく使われている花崗岩(ガンマ線)

岡山では、室内でやけに放射線量が高いという報告があり私の知るところでは数件。
また自分のアパートも下見したころから変わらず、屋外より屋内の方が高めである。これはどういうことなのか。

例えばRD1008のSEARCHモードでガンマ線だけを捉える(マイカ窓閉)と周囲は0.09ぐらいであった。これは普通の路上と思っていいだろう。これに対して、銭湯近くの何気ない花崗岩質の外壁ブロックを測ってみる。すると、0.13くらいある。平均的にそれくらい。

e0254765_23363565.jpg

▼平均値
e0254765_23364621.jpg


このように、岡山は古くから花崗岩の採掘や活用が多く、様々なシーンで建材として活用されている。また別の仮説では、これは室内の壁だとか張り替えの壁、フローリングの下、いろいろと要因があるので(当然ながら)他の鉱物についても考察したいところだ。
http://geohiruzen.co.jp/?p=596

e0254765_23393394.gif


課題


そこで岡山では考えておくことがある。ウラン残土やあの広島の時の土や灰、コンクリ片、そうしたものが建材に使われていないかどうか。もちろん考える必要がある。
[PR]
by mmwhale | 2012-06-28 23:39 | 測定:RD1008

台風後の多摩川沿いの状況

エアカウンターチームが台風後の多摩川の空間線量を測定しました。

多摩川放射能線測定


多摩川大橋東京側の下の藪で0.16と出たが、1回だけで、数回測るがそんなに高くない。
添付は、川崎側とか、ガス橋など。先日の雨で移動したか

e0254765_1519958.jpg
e0254765_15191813.jpg
e0254765_15192527.jpg
e0254765_15193393.jpg
e0254765_15194064.jpg


考察


地点毎に違うものの0.10をこえるくらいの空間線量であり、依然ある程度の汚染がありそう。
時間があれば東京出張の際にRadiやRD1008でも計測をしてみたい。
e0254765_15553867.jpg

[PR]
by mmwhale | 2012-06-24 15:21 | エアカウンター

岡山市問屋町の空間線量とレンガ

A:問屋町は全体的に0.080μSv/h


岡山市の問屋町は空間線量として0.080μSv/hが多く、一つの地点での平均もそのようになった。
e0254765_2021793.jpg

今度は地表に降ろす。特に大差がない。
e0254765_20233845.jpg


B:道ばたのレンガが高い


ゆっくり歩いているとレンガを見つけたので近づけてみる。すると0.100まで上昇した。
周囲に電磁波は見あたらない(SOEKS Impulseにて)。しばらく測っても平均0.100くらいある
e0254765_20223986.jpg


レンガから1mくらい離すと通常の空間線量に戻る
e0254765_20301146.jpg


RD1008で同地点を表面測定


地表をより詳しく測定する必要がある。こんな時こそRD1008の出番。

1回目のA(芝 生)は0.12μSv/hが平均。β線の検出無し
2回目のB(レンガ)は0.14μSv/hが平均。β線の検出無し

このレンガは何かしら放射線を出す材料が含まれている
e0254765_20253881.jpg

[PR]
by mmwhale | 2012-06-14 20:25 | 同時測定

RadiとRD1008で近所を測定

知人から貸していただいた堀場 PA-1000 Radiで空間線量の測定、
RD1008で地表測定を同地点で行ってみた。

Radiの感度は非常によく、ほんの数百メートルの距離で平気的に違ってくることまでわかる。
うちの近所は比較的高めの地域と岡山で標準的な線量がまだらに存在している感じがする。

空間線量 PA-1000 Radi



平均0.069μSv/h/最大0.076, 最小0.068/地表1m

e0254765_132575.jpg

e0254765_13294111.png


表面測定 RD1008



平均 γ0.13μSv/h/平均 β0/cm2・min
e0254765_1331151.jpg


電磁波


 ーSOEKS Impulseに反応無し

事故前の自然放射線


 0.0725〜0.109μSv/h (但し概算)
[PR]
by mmwhale | 2012-06-14 13:03 | 同時測定

動画 岡山ドーム前の放射線量(SOEKS, RD1008)

SOEKSは岡山では非常に不安定であり、アルミ遮蔽しても効果がない。自然放射線程度の測定には向いていない機種なのだろうか。

SOEKS:空間線量を測定
RD1008:表面線量を測定

つまり、用途が違うと考える必要もありそう





SOEKS 最大0.23、最小0.13、平均0.19
RD1008 最大0.16、最小0.11、平均0.14
[PR]
by mmwhale | 2012-06-10 21:26 | 同時測定

岡山城近く お堀りの花崗岩群を測定

本日は岡山城近くのお堀をあらためてRD1008で計測した。
この場所は、以前SOEKSとエアカウンターで高く出ていた場所である(http://mmwhale.exblog.jp/17464994/)。多少はしっかり調べたいと思いRD1008での計測に向かった。

今回はβ線も計りたいため、マイカ窓は常に開けた状態で行った。

オブジェが実は高い


早速、公園に花崗岩のオブジェが置かれていたので、そこから計測。
<写真左>SEARCHモードで計ると0.30μSv/h
<写真右>MEASUREモードで計ると0.17〜0.20、またβ線の反応が若干あった。
※BETA:6= 6/cm2・min(0.1Bq/cm2)
e0254765_220973.jpg


測定場所


<写真左>このように、花崗岩がくまなく敷き詰められている場所である。
<写真右>RD1008と、電磁波の影響を調べるためのSOEKS Impalse
電磁界は特に反応がなく、RD1008は誤動作なく測定できる環境にあった
e0254765_2235368.jpg


SEARCHモード 地表1mの空間線量


歩きながらのSEARCHモードはだいたい0.16くらい。一度立ち止まり平均をとると、けっこうブレがある。
0.17μSv/h 普段見かけない空間線量
e0254765_2274834.jpg


MEASUREモード表面測定


同地点にRD1008を置き平均値を測定する。
すると、β線の反応があった。
e0254765_2294175.jpg


平均値としてはβ線反映されず


β線の反応は測定中3回くらいで、ほとんどが0だったため、平均値には出てこなかった。
 γ線最大値:0.18μSv/h
 β線最大値:11/cm2・min(0.18Bq/cm2)
e0254765_2210449.jpg


MEASUREモードは非常に安定している。平均的にγ線が0.14の場所だったと分かる。

花崗岩からβ線は出るのか?


今日こんな投稿をしていると、あるユーザーから『岩石・土壌等から出る自然放射線(β線・γ線)』という資料を紹介された。→ PDF: http://t.co/TDMt0OXu

この資料では文科省のはかるくんⅡを用いて花崗岩のβ線およびγ線、その原因は何かについて説いている。
資料では、花崗岩の中に含まれるK(カリウム40)がβ線を出しているとされる。
e0254765_2218832.png


実際は研究をされている方にしかなかなか分からない部分だが、今日の測定で花崗岩(とくに白雲母花崗岩)からβ線を捉えることができた。

色の違い(石の違い)


敷き詰められた石のうち、白い白雲母花崗岩以外に赤茶けた石や、黄色い石もあった。それぞれざっと調べてみたが、特に色の違いによってγ線が大きく上がることはなかった。β線の反応はじっくり計らないとわからない。
※0.17μSv/hは白雲母花崗岩でも出ているクラスのγ線反応
e0254765_22235998.jpg

[PR]
by mmwhale | 2012-06-09 22:18 | 測定:RD1008

SOEKS Impulseで電磁波を測定

RD1008の公式マニュアルには誤動作の防止として以下の項目がある。
1) Avoid exposure to strong magnetic fields.
Do not keep the product in close proximity to electric motors and other
equipment generating strong electromagnetic fields. Exposure to strong magnetic
fields may cause a malfunction of the product.

1)強い磁界をさけましょう
電気モーター強力な電磁界を生成する装置などの近くに製品を置かないでください
強い磁界は、製品の誤動作を引き起こす可能性があります。


日本語のマニュアルにはこうある
高周波、電子レンジ、静電気、および磁場の近くでは、計測結果に何らかの影響が及ぶ場合があります。


なるほど、SOEKSの場合もそうであったが、電磁波による誤動作というのはガイガー計測の基本なのだろう。

そんなわけで、SOEKSから新しく出たSOEKS Impulseを使い、いくつかの場所を計測してみた。(海外でしか販売をしていない)

X,Y,Zの三次元で測定


どの方角からの電磁波なのかがわかる
e0254765_137632.png


PCからの電磁波を計る PCモード


警告音が鳴り響く 70〜150V/m、Magnetic(磁界)の反応もあり
e0254765_1234465.jpg

表示を切り替える
e0254765_1291386.jpg


屋外における電磁波測定モード


これは公園の近く。何故か反応が
e0254765_127465.jpg


どうやらいつもの公園は電磁波が?


いやあすごいな、PCモードでもこんなに警告出ないのに...
e0254765_1282478.jpg

e0254765_1285725.jpg


それは、送電線が近くにあるからです


そうでした。この真下では635V/mという、PCの前でも出ないような電磁波が出ていました。
e0254765_1295968.jpg


ガイガーへの影響は?


そして、前回の投稿(http://mmwhale.exblog.jp/18122637/)で調べた辺り、まさにこの送電線の配線の真下にあたる場所でした。あのとき、非常に大きい数値や、ブレもあったのですが、電磁波の影響が出てしまった可能性がある

このような場所では、そもそもガイガーの計測は向いていないことになる。
[PR]
by mmwhale | 2012-06-09 01:31 | ガイガーの工夫

RD1008のSEARCHモードを使ってみる

すっかり愛用機となったRD1008だが、SEARCHモードを検証しておく必要が出て来た。いくつかの参考サイトを見ると、SEARCHモードは汚染源の素早い特定に向いた高感度の機能であったり、空間線量の測定に向いているなどとある。ここは試してみないとわからない。

夕方、岡山市 近所の公園をSEARCHモードで歩いていると、やや高い場所を発見した。測定をしてみた。

RD1008/SEARCHモード/マイカ窓の確認



はじめに、同じ地点でマイカ窓を開けた場合と閉じた場合で比較をしてみた。

◎マイカ窓を閉じた状態での測定、最大値
0.13μSv/h平均の場所を発見した。ほか0.11程度
e0254765_21415265.jpg


◎マイカ窓を開けた状態での測定、最大値
二回だけ0.15μSv/hを計測した。ほか0.10〜0.14程度
e0254765_21424120.jpg


※なるほど、マイカ窓を開けるとγ線測定のふらつきが大きくなるのかもしれない。しかし、1度の計測では何とも言えないし、大差が無いとも言える。

RD1008/MEASUREモード/表面測定/マイカ窓-開ける


この地点に他よりも比較的高い線源があるのかどうか、調べるためMEASUREモードに切り替え、マイカ窓を開けた状態で平均計測をした。

◎2回ほどβ線を拾う
最初に13/cm2・min(0.21Bq/cm2)、次いで7/cm2・min(0.11Bq/cm2)それ以降β線反応はなかった
e0254765_21455294.jpg


◎平均値の結果
0.12〜0.13μSv/hという結果になった。
e0254765_21465453.jpg


β線反応はわずかにあったものの、それは2回ほどだった。かなり低く一定ではないため、平均値には反映されない結果となった。


一瞬、β線反応があり、これはひょっとしたらセシウム137なのか? そこまでは特定できないが気になる結果となった。

[PR]
by mmwhale | 2012-06-05 21:48 | 測定:RD1008

岡山市の川沿いを測定

今日は夕方にちょっと散歩がてら近くの川辺で放射線量を測定してきました。
歩ける範囲でいろいろと回りましたがだいたい0.09〜0.11程度でした。サンプルとして、その一部の平均値を出してみました。
この川は流れもゆるやか。大きな鳥やツバメがしきりに鳴いていたり、のどかな場所でした。

RD1008/MEASUREモード/表面測定



こんな場所。もう夕方
e0254765_22311613.jpg


なんとなく座りやすそうな場所を測ってみる
e0254765_22312549.jpg


測定しているうちに日が暮れてしまった。0.10〜0.11μSv/h
平均してみると私が住んでいる市内より若干、放射線量(自然放射線)が低いようだ
e0254765_22313722.jpg

[PR]
by mmwhale | 2012-06-03 22:31 | 測定:RD1008