岡山・東京の測定アマチュア:日々の放射線量資料集


by mmwhale

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

記事ランキング

カテゴリ

測定:RD1008
測定:Radi PA-1000
測定:RDS-30
同時測定
測定:RD1706
測定:SOEKS-01M
TERRA-P
エアカウンター
Inspector EXP
関連資料
ガイガーの工夫
奇妙な現象

最新の記事

2014代々木公園周辺の測定..
at 2014-01-02 16:13
岡山市の日常生活とガンマ線(..
at 2013-06-26 23:18
Radiの方がGM管式より高..
at 2013-06-19 12:19
RDS-30測定で見た東京(..
at 2013-06-17 02:38
新幹線の中のRDS測定
at 2013-06-17 02:23

以前の記事

2014年 01月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 10月

使用しているガイガー機種

RADEX RD1008, RD1706. SOEKS-01M. 堀場 Radi PA-1000. エステー エアカウンター

検索

ライフログ




その他のジャンル

ファン

ブログジャンル

日々の出来事
時事・ニュース

画像一覧

<   2013年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

Inspectorがトリチウムのβ線を拾う

海外のトリチウムキーホルダーをInspectorで測ってみる。
まず、なんの遮蔽もしていない状態
e0254765_22454910.jpg


300CPMも出た

次に、アルミ付きの樹脂プラで遮蔽する
e0254765_22463944.jpg


急激に下がりほとんどバックグラウンドに直置きしたときと変わらない

つまり、γ線以外の放射線が強いわけで
それはβ線?α線? 一般的にトリチウムは「β線核種」と呼ばれている

[動画で確認]

 ⇒トリチウムキーホルダーの怪
 ⇒ガンマ線だけにするとバックグラウンドとほとんど同じ。驚きの下降率



 
[PR]
by mmwhale | 2013-04-25 22:51 | Inspector EXP

Inspectorはどんなエネルギー(KeV)を拾うのだろうか

KeVはエネルギーボルトの単位。ほとんどのガイガーカウンターでK(キロ)からが測定の範囲となっている。また、MeVの場合もある。MeVは単純にKeVの1000倍。

KeVはエネルギーの単位でもあるが、どういった放射能をターゲットにするのかにも関わってくる。
【この一覧に同位体別のエネルギーと放出率がリストアップされている】
http://www.csupomona.edu/~pbsiegel/bio431/genergies.html


Inspectorの製品ページを見てみる。
http://seintl.com/products/inspectorplus.html
するとこの様にある。
Detects Alpha down to 2 MeV.Detects Beta down to .16 MeV; typical detection efficiency at 1 MeV is approx. 25%. Detects Gamma down to 10 KeV through the end window.


 意訳→
・α線の検知は2MeV〜(2000KeV〜)
・β線の検知は0.16MeV〜(160KeV〜)ただし一般的には約1MeV(1000KeV〜)25%の検知
・γ線の検知は10KeV〜

そして、こういった図が入っている。
e0254765_23591229.jpg

エネルギーの反応をKeVで描いたグラフのようだ。この図はCs137を例に挙げているようだが、10の何乗という表記なので見にくい。
それと"End Window"と"Side Wall"の意味がわからない。解る人がいればコメントください。

本家のマニュアルの方がもう少しシンプルだ。
http://www.seintl.com/manuals/inspector_operation_manual_english.pdf

e0254765_06740.png


グラフの縦0〜5はRELATIVE COUTRATE となっているが要するに「どれくらいのエネルギー(KeV)の場合に反応が冴えるのか」ということになる。10の二乗(1000)KeVより低い辺りがかなり高い。
でもこのグラフも読みにくい。恐らく600?くらい? たぶんそうだろう。




一方、マニュアルにはこんなことも書いてある。Inspectorの検知について先ほど書いたけれども、これと対応する。
・α線の検知は2000KeV〜
・β線の検知は160KeV〜、ただし一般的には約1000KeV〜25%の検知
・γ線の検知は10KeV〜


効率:Sr(Y)-90: 約38%拾う
同位体 E最大MeVでの効率:90 Sr(Y) 546 keV と 2.3 MeV(2300KeV) で38%

e0254765_014625.png


どうやらストロンチウム90とイットリウム90の2つのエネルギーで捉えることができるらしい。前半の製品ページでも見たようにβ線については160KeV〜検知ができるとある。
ストロンチウム崩壊の際は0.546 MeV(546KeV)が発生するが、これを捉えることができるようだ。
2.3MeVについてはイットリウム90のことだろう。そちらは2.28MeV(2280KeV)のエネルギーが出る。




このように見てみると、ガイガーカウンターの種類によって検知するエネルギー(KeV)や拾える効率が違うことがわかった。
例えば、TERRA-Pの場合のエネルギー検知
TERRA-Pのβ線:0.5 - 3.0MeV(500KeV〜3000KeV)
TERRA-Pのγ線: 0.05 - 3.0MeV(50KeV〜3000KeV)

http://www.realjapanrus.jp/blog_detail/id=49

[PR]
by mmwhale | 2013-04-21 00:30 | Inspector EXP